トップ

体育協会

加盟団体

体育施設

よくある質問

  



 

総合スポーツ祭

公報
体協あきる野

リンク集

会員限定
(トップから)






 




ミニテニス連盟




       概  要

立川市で生まれたニュースポーツです。高齢者向けでしたが、今は16歳以上が条件です。バドミントンコートでビニール製のボールを打ち合い、ボールの変化が多いためゲームが面白く夢中になれます。4クラブ100名の組織で下記の様な練習時間があります。

 



       代表者

            鶴見 秀子            
 




       連絡先

       小松   央          TEL  042−558−3273           

                                    メールアドレス   h-komatsu@msh.biglobe.ne.jp





       ◆主な練習場所

 秋川体育館大体育室・五日市ファインプラザ 

 


       ◆活動内容

あきる野市ミニテニス連盟は、4つのクラブで構成されております。場所は秋川体育館、五日市ファインプラザです。毎日いずれかの所で練習をしております。
会員の目的は、自分の健康を維持向上させるために頑張る人、親睦を主とする人、試合に参加して技術の向上に励み仲間を広げる人と様々です。80歳を越える方も多数居られます。
大会も色々ありクラブ内大会、連盟大会、市内大会、近郊団体との親睦大会、近郊交流大会、全国大会と年30回以上実施しており選手は各大会で優秀な成績を残しております。。

 


       ◆加入方法・体験方法

 下記連絡先で随時受付けております
 

クラブ名 

曜 日 

練習時間 

場       所 

連絡先 п@

サンデー 

日 

午後7〜9時 

秋川体育館
大体育室 

小松
(558-3273) 

みつば 

月 

午後1〜3時 

秋川体育館
大体育室 

鶴見
(558-2748) 

ミックス 

金 

午後1〜3時 

秋川体育館
大体育室 

村野
(558-3612) 

オレンジ 

土 

午後1〜3時 

五日市
ファインプラザ 

村上
(558-5254) 

連盟会長 小松 558−3273  



       ◆ミニテニスの紹介

ミニテニスは27年前(1985年)に立川市で生まれ大きく育ちました。
ミニテニスのボールはビニール製(約12cm)で硬式テニスより少し短い柄のラケットを使い、バドミントンのコートに手を加えて使います。
競技方法は、日本ミニテニス協会競技規則により行います。
すべてダブルスで6ポイント制です。必ずワンバウンドしたボールを打ちます。
誰でも簡単に始められます。特に高齢者には適しており試合も年齢層にわけて行います。。


 



        

写真集






加盟団体紹介ページへ戻る